Return to site

人生相談その3 ~「たってあるいた わにの はなし」の巻~

お悩み相談第3回。今回はとっても難しい〈生き方〉についてのお話。

\ボンジュール、ヴァンです/

みなさまのお悩みに答えるこのコーナー、随分と更新が空いてしまいました……ええ、まだまだお悩みメールが少ないのです。悩みが少ないと考えればいいことかもしれませんが。
と、そんなことを考えていたところに一通のメールが!!
お悩みある限りお答えせねば、ということでお悩み相談スタートです。

両親を説得させる方法を教えてください。私は自分の好きなことをするため、この秋から小さい会社ですが就職をします。しかし、親と意見が対立しています。親は「将来のことを考えて」大きい会社、ちゃんとした会社を要求してきます。私も今後を考えることは大切ではあると思います。しかし、大体の会社は保険等はしっかりしていますし、やりたい仕事で小さい会社かやりたくない仕事で大きな会社なら断然前者を選びます。こういう意見の食い違いにどう立ち向かい説得すれば良いのでしょうか。現状では、私がほぼねじ伏せている状態です。(おこめ)

おっと……ブランク明けにいきなりヘヴィーなお悩み、これまでにないド直球です。
誰もが直面する生き方や働き方に関わる質問だけに簡単にお答えすることは難しいですね。御本人の意見はもちろんわかりますし、対する親御さんのご意見も子の行く末を案じるがゆえのご意見なのでしょう。
どちらが正しいということは決められませんよね。ただそれでも、お悩みの文面からいえることは、既におこめさんのなかでは〈自分らしく働く〉ことが決まっているということでしょう。おそらくこれまで親御さんとは幾度も対話をして、ご自分でも深く考え、その上で自らの進む道を決めたのではないでしょうか?

であれば、僕からいえることは「説得しようなどと思わないこと」だけです。

説得したいというのは承認を受けたいと思うこと。
しかし今必要なのはおそらく周囲からの承認を受けずともやり遂げる〈勇気〉です。

生き方を考える上で、とてもよい材料を与えてくれる作家がいます。
レオ・レオニ――『スイミー』や『フレデリック』などでお馴染みの、世界的な人気を誇る絵本作家です。独特かつ色彩に溢れたイラストと短く単純な筋書きながら生き方について考える多くのヒントが描かれることから、その作品は大人からも高い支持を得ています。
多くの作品のなかには繰り返し描かれるテーマがありますが、それが顕著に現れたものの一例として『スイミー』と『コーネリアス』があります。

『スイミー』ではオチにあたるたくさんの魚が集まって大きな魚に見せ敵を撃退するシーンが印象的ですが、重要なのはそこに至るまでにスイミーが経験する〈集団からの離脱〉です。スイミーは群れが襲われてやむを得ず一匹で海をさまようことになるのですが、彼はその孤独の時間のなかで新しい世界での知見を広め、己の存在についての思索を深めます。そしてその時間があったからこそ、他にないアイデアが生みだして集団にイノベーションを起こす存在となったのです。

似た構造の作品として『コーネリアス』という作品があります。副題は『たってあるいた わにの はなし』――副題そのままに、生まれつき二足で立って歩くワニのコーネリアスは集団では浮いた存在です。彼は立って歩いて「遠くまで見えるよ」「水の中も見えるよ」と自慢しますが、仲間たちは「へえ それで」と無関心。コーネリアスは不満を感じて、ついには群れを離れます。スイミーとは違い、彼は自らの意志で〈集団からの離脱〉を果たすのです。コーネリアスは森でサルと出会います。そこで逆立ちとシッポで枝にぶら下がる技をみて驚き、教えを請います。そしてその技を習得した彼は、集団に戻りその技を披露します。仲間たちはまたも「へえ それで」とつれない反応。がっかりしたコーネリアスはまた旅立とうとするのですが、ふと振り返ってみると仲間たちが逆立ちの練習をしているのを目撃し「かわぎしでの くらしは これで すっかり かわるだろう」と独白するところで物語は閉じられます。コーネリアスも〈集団からの離脱〉を経て、これまでにない新しい価値観を集団に提供することになったのです。

家族というのは強固な〈集団〉です。そこには長く連れ添うからこその安らぎがある反面、価値観や想像力が固定化されがちになります。そして固定化された想像力、その集団の価値観を言葉だけ超えていくということはとても難しいことです。
しかしだからこそ、勇気を持ってそこから飛び出し、孤独のなかで新しい世界に触れて思索を深めていくことは、〈自分らしく生きる〉ことに繋がるのではないでしょうか。そして、そのように生きる姿を見せることができたときには、きっと親御さんもその選択を理解してくれるはずです。
〈集団からの離脱〉には不安も伴います。そんなときレオ・レオニの描いたスイミーやコーネリアスからは信じた道を進む〈勇気〉をもらえるはずです。

いかがでしたでしょうか? 是非絵本も読んでみてくださいね。

それでは、引き続きお悩み相談募集しております!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly